NHK『100分 de 名著』アドラー心理学の劣等感と劣等コンプレックス【2月10日分前編】

スポンサーリンク

こんにちは、マミです。

こちらでは、2016年2月10日に放送されたNHK『100分 de 名著』人生の意味の心理学(アドラー)第2回の放送をまとめています。

参照 icon-forward 【100分de名著】2月は『人生の意味の心理学(アドラー)』が放送されます

その他の回のまとめ記事は、こちらをご覧ください。

あなたは、自分が好きですか?

私たちを悩ませる、自分を好きになれない、という気持ち。

それを克服する方法はあるのでしょうか。

人間のあらゆる悩みの背景には、優越感劣等感があります。

100分 de 名著アドラー編、第2回。

私たちを悩ませているものの正体に迫ります。

自分を苦しめているものの正体

前回は、人は3日あればいつでも変われる、という衝撃的な内容で終わりました。

そして今回の見出しは、『自分を苦しめているものの正体』です。

303183

自分を苦しめているものの正体、それはずばり、劣等感です。

確かに自分大好き!なんて言っていると、まわりにひかれてしまいますよね。

「そういうことを言ってはいけない。」

そう親からも教えられてきたことも関係して、いまの自分を好きになれない人が多いのです。

けれど、劣等感も悪いことばかりではありません。

劣等感とうまく付き合えれば、それは私たちの飛躍の原動力になるのです。

劣等感とは何だろう

人は皆、正しいか間違っているかは抜きにして、常に自分の為になる事を追求して生きています。

アドラーは、人間がいまよりも優れた人間になりたいと思う事を、『優越性の追求』と呼びました。

すべての人を動機づけ

われわれが われわれの文化へなす

あらゆる貢献の源泉は

優越性の追求である。

人間の生活の全体は

この活動の太い線に沿って

即ち、下から上へ

マイナスからプラスへ

敗北から勝利へと進行する。

『人生の意味の心理学』より

この『優越性の追求』と対をなすのが、劣等感です。

この2つは、人間なら誰もが持っているものです。

そして、上手く働けば、努力や成長への刺激になります。

しかし、いったん追求の仕方を誤ると、私たちを苦しめるものとなるのです。

その劣等感は本当の気持ち?

ここで、場面がかわって、1回目でも登場したおなじみの、安土羅診療所のシーンになりました。

前回の女学生にかわり、今度は、ひとりの青年が診療所にやってきました。

青年は、産まれてから一度も彼女が出来たことがない事を気に病んでいます。

顔にも自信がなく、背も低いし、学歴もいまいちで、安月給で仕事もできていない。

コンプレックスと、ひがみっぽい性格で、まさに『劣等感の塊』みたいな男だと自分を表現します。

それを聞いて、安土羅は言い返します。

では、その顔が好きだという女性が現れたら?

その彼女にとって、顔は劣等性ではなかったということになるのではないでしょうか。

青年の劣等感は、ただの思い込みかもしれません。

何かが劣っているのではなく、問題は、顔や肉体について君がどんな価値を与えるかなのです。

身長や年収だって、あくまでも他者との比較の中でうまれた主観です。

そもそも、青年はほんとに彼女が欲しいと思っているのでしょうか。

ほんとは彼女なんて欲しくないけど、自分で自分をだましているのではないか?

そう安土羅は問います。

青年は、『180センチあれば』という、可能性の中に生きていたいのではないでしょうか。

安土羅先生の問いかけに、青年はたじろぎます。

人間であるということは

劣等感を持っているということ

by アドラー

劣等感をもつことには目的がある、と岸見先生は言います。

劣等感に悩まされている人は、そういう自分をあえて選んでいると言うのです。

自分の事を好きになり、自信を持ってしまうと、対人関係の中に入っていかなければなりません。

それはめんどくさいというよりも、人と関わって傷つくことを怖れている状態なのだそうです。

243636

誰かとかかわると、上手くいくこともあるけれど、上手くいかないこともあります。

例えば勇気を出して、女性に好きだと告白したとします。

その場で「私もあなたの事が好き」と言われたら幸せですよね。

けれど、「私はあなたの事なんとも思ってない。」と言われるかもしれません。

運よく付き合いが始まっても、裏切られるかもしれないのです。

『そういう現実に直面することを避けた方が望ましい』と考えてしまうのです。

現実としてもててないという事実はどう考えれば?と言う伊集院さん。

先生は、それもそう思い込もうとしているのでは?と言います。

もてないと思い込んで女性と関わりを持たないことで、恋愛関係が発展して傷つくことを防いでいるのです。

しかし、そもそも人との関わりを避けていたら、喜びだってありません。

ひょっとしたらうまくいくかもしれないのに。

いい関係を築けるかもしれないのに。

その手前のところで踏みとどまっているのが、劣等感の強い人なのです。

あるいは『その可能性の中に生きたいがために、劣等感をわざわざ作り出している』というふうに考えると、いろいろな事が見えてくる、と岸見先生は言います。

理想の自分と現実の自分とのギャップが、本当の劣等感です。

そういう人は、自身の向上の為にうまく劣等感を活かせています。

他者との関係ではなく、自分の中の問題として劣等感を捉えてみましょう。

過度な劣等感『劣等コンプレックス』

一方で、他者との比較から生じる劣等感や優越感をアドラーは、『劣等コンプレックス』『優越コンプレックス』と名付けて、警鐘を鳴らしています。

この『劣等コンプレックス』を持っている人には、共通した特色があります。

330640

AであるからBできない

AでないからBできない

そう言って、『そういう理由があるなら仕方がないな』と思わせる理由を押し出すのです。

例えば、『赤面症だから男の人と付き合えない』という例があります。

この『赤面症』と、『男の人と付き合えない』という2つの事実に、本当は因果律はありません。

けれど、因果関係があると思いたい人がいます。

そういう状態の事を、アドラーは『見かけの因果律』と言いました。

劣等コンプレックスとは、見かけの因果律を立てて、自分が取り組まなければならない『人生の課題』から逃げようとすることを言います。

見かけの因果律を持ち出すのをやめて、人生の課題に立ち向かいましょう。

厳しいようだけど、それが生きる事なんです、と岸見先生は言います。

実際、赤面症でもてないと思っている方が、まだ楽なんです。

『もてないのは赤面症のせいじゃなくて、実は性格が悪いからなんだ。』

それを認めたくないから、軽いレベルの劣等感を持ち出した方が、受け入れやすいと思ってしまうんだそうです。

こっちのほうが楽だから、自分はこの劣等感をもって今後も生きていきたい。

そういう生き方をする人をあえて否定はしないけれど、生きる喜びは人との関係の中でしか得る事は出来ません。

そこで勇気を持ちましょう、と先生は言います。

第1回でも出てきた、『勇気』というキーワードが出てきました。

基本 CMYK

勇気を出して行動してみて、『実はそんな悪い現実だけではない、悪い事ばかり起こるわけじゃない』ということを一度でも経験すれば、その後は大きく変わってきます。

その踏み出す勇気がない人が、劣等コンプレックスを持つ人なのです。

劣等コンプレックスに逃げて傷つかないようにするには、その後の大きな喜びを経験する可能性をすべて放棄しなければなりません。

踏み出したら確かに痛いかもしれないけど、思ってるほど痛くないかもしれない。

ただし、勇気が必要なのです。

後半に向けて

なんだか、今回はさらに厳しい内容になってきました。

正直なところ、自分にばっちり当てはまりますので、言われたくなかった部分をズバリ指摘されたような気分です。

今回の放送が終わったら、自分にもじっくり向き合わなければならないなと感じました。

後半は、別の記事に分けますので、良ければこのまま続けてお読みください。

075572
スポンサーリンク

大人の勉強は効率が大切!
学習サプリ【ラーニングアップ】

「心理学を勉強したいけど、難しくてうまく理解できない」「読書していても頭がぼーっとして内容が入って来ない……」大人になってから新たに勉強しようと思っても、学生の頃のようにスムーズに進まずもどかしい思いをすることがありますよね。大人の脳をしっかり働かせるためには栄養面も大切なんです。脳を活性化し記憶を助けるサプリの力で勉強効率をアップさせてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です