子供の偏食、悩んでいませんか?

野菜嫌いな子ども

幼稚園・保育園に通うお子さんをお持ちのお母さん。

子どもの偏食、悩んでいませんか?

我が家には2歳と4歳の子供がいるのですが、最近とっても偏食気味なんです。

「トマトきらーい!食べたくなーい」

「お肉いや!ちっちゃくして!」

ちっちゃくして!と言われたから小さくしたのに結局「やっぱりいやー!」と言って吐き出されてしまったりすることも・・。

好き嫌いの出てきた2~4歳の子にご飯をすんなり食べてもらうのって、どうしてこんなにも難しいのでしょう?

『子供にどうやってご飯を食べてもらうか』

これが、最近の私の悩みの種です。

工夫してお野菜をみじん切りにしてハンバーグに隠してみたり、餃子にしてみたり。

でも頑張って作ったご飯に見向きもされなかったら、本当心がぽっきり折れてしまいます。

食べたいと言われたから作ったのに、食べるときにはもう気分が変わっていたり。

「ああ、明日のご飯は何にしよう・・。」

「もうこんな時間、何も準備できてない・・どうしよう!」

そんな風に、いつもいつも24時間、どうやったら美味しく食べてくれるかな、なんてご飯の事を考える毎日。

といっても、ご飯のことだけ考えていれば良いわけではないんですよね。

子供は止まってはくれないし、子育てのことだけじゃなく仕事も家事も・・。

次から次へとしなくちゃいけないことがあって、だんだんと食事の工夫をする時間も余裕もなくなっちゃいます。

それに、食べてくれなかったお料理を破棄していたら、食費がとんでもないことに・・!

「もうダメ・・このままではいけない!」

そう決意した私は、子供の偏食対策を始めることにしたんです。

どうして食べてくれないの……?子供の偏食3つの理由

子供ご飯

離乳食はとてもよく食べてくれていたのに、なんでこんなに食べなくなっちゃったんでしょうか……?

急にママのご飯が嫌いになっちゃった?

それともどこか身体が悪いのかしら……。

どうにか原因を探りたい!と思った私は、藁にもすがる思いで子育て支援センターの栄養士さんや小児科の先生に相談をしてみました。

そこで伺った、偏食の原因は3つです。ご紹介しますね。

1・イヤイヤ期(自我の芽生え)

イヤイヤ期

まず考えられる原因ひとつめは、イヤイヤ期に差し掛かり自我が芽生えてきたことによって、

「自分の気持ちを伝えたい!」

と子供が強く思ってるってことです。

特にまだ話せる言葉の種類が少ない子供にとって、「イヤ!」というのは自分の意思を人に伝えるための最も簡単な言葉。

今まではフォークで差し出されるままにご飯を食べていたけれど、イヤ!って言ってみたらどうなるかなぁ?

イヤって言っても、ママは僕のこと受け止めてくれるかなぁ?

そんな風に、言葉のキャッチボールを楽しんでいたり、ママの気持ちを確かめてたりするそうです。

また、だんだんと脳が発達してきて、感情に理性が追いつかないのも幼児期の特徴。

自分の予想していなかったタイミングや内容でご飯が出てきちゃうと、脳がうまく処理出来なくてパニック状態に。

それがイヤイヤのかんしゃくにつながって、爆発しちゃうんですよね・・。

そうなるともう手が付けられないから、ご飯どころではありません。

2・お菓子や味の濃い料理との出会いによる好みの変化

お菓子を食べる

また、お菓子の味を覚えてしまったというのも大きな変化です。

我が家でも、離乳食の時期には、おだしの味と素材を活かした薄味のお料理で管理していたんです。

でも、幼児期に入ると幼稚園の給食だったり、地域の集まりでおじいちゃんにお菓子をもらったり・・。

「こんなにも甘くて美味しいものがあるんだぁっ」

子供はそんな新しい味にもう、夢中です。

だからやっぱり、「お菓子欲しい!」ってなっちゃいますし、そうなると必然的にご飯が食べられなくなっちゃうんですよね。

「お菓子はおやつの時間だけだよ」っていうと、期限損ねてご飯食べてくれないし、

「じゃあお菓子はご飯食べてからね」っていうと、お菓子を食べるためにご飯を食べ控えちゃうし、

「ぜったいご飯も食べるのよ!」って言ってお菓子をあげると、やっぱりご飯は食べられなくて^^;

『お菓子お菓子お菓子……』とお菓子に夢中な時期っていうのは、どの子もぜったいあります。

お菓子に夢中な時期の子供にとってご飯は

『嫌なもの』

なんですよね。

いつかは落ち着くそうだけど、いつまで続くかなんてわからないし、やっぱり不安です。

3・栄養不足で元気が出せない

たいくつな子供

3つめに、偏食気味な時期が続くと栄養が不足しがちになって、活気がなくなってくる子もいるそうです。

我が家の場合は

鉄分がやや不足しているのでは?

と指摘を受けました。

小児科の先生によると、鉄分はホウレンソウなどの青菜にももちろん含まれているけれど、子供にとって最も吸収が良いのはマグロや牛肉などの赤身なのだそうです。

お肉嫌いなうちの子には、そういえば最近赤身のお肉をほとんど食べさせられていませんでした。

大人も鉄分が不足すると身体はしんどいけれど、子供はそれがもっと顕著です。

鉄分が不足気味な子供は、きちんと摂取している子供に比べて活発さが少ないのだそう。

だら~っとだらけたようなやる気のない子は、ただ単に本人がだらけているだけではなくて、鉄分不足の影響の可能性もあるんですね。

こういった場合には、食事にこだわらなくてもいいから子供が楽しんできちんと栄養を摂れるような方法を考えてみるのもいいですよ、と勧められました。

子供が楽しんでとれる栄養って??

子供の栄養どうすればいい

でも、食事以外で栄養を摂るって、一体どうすればいいんでしょうか??

野菜不足ならパンケーキや蒸しパンにお野菜をすりおろして入れたりも出来るけど、鉄分って・・難しいんですよね。

まさかドラッグストアで市販されているようなサプリメントを飲ませるわけにもいかないし。

お菓子のように美味しくて、栄養が摂れて、ご飯を邪魔しないあまりお腹にたまらないもの……

そんな便利なものがあるかしら、と夜な夜なネットで情報収集していたら、見つけたんです。

それがこの、アスミールというサプリメント。

偏食のお子様や成長期の栄養補給に【アスミール】

見つけたのは、小倉優子ちゃんのニュース。

最近イメージガールに就任されたんだそうです。

自分も小倉優子ちゃんと同世代で、子どもも歳が近いから以前から応援していたのですが、お子さんの栄養補給にこのアスミールを取り入れているのだとか。

小倉優子ちゃんと言えばお料理をすごく頑張っててお上手なイメージだったから、そんな料理上手な方でも子供の栄養に悩んでいたり、補助食品を使っているんだ!っていうのがまず衝撃でした。

それにこの手の商品って身長を伸ばしたい中高生の成長を促すためのサプリっていうイメージだったので、幼児期にも飲ませているのがまたびっくり。

「こんなの子供が飲んで大丈夫なの?でも、気になる・・」

偏食対策を探し求めていた私は、アスミールが助けになるかもしれない!と詳しく調べてみることにしたんです。

アスミールの成分は本当に幼児にも大丈夫?原料をチェック


アスミールというのは、育ち盛りの子どもの成長を助けるココア味の児童向け栄養補給食品です。

牛乳に溶かして飲むことで、手軽に美味しく栄養を摂る事が出来るんですね。

アスミールで摂れる栄養には、カルシウム・鉄・ビタミン(C・D・A・B1・B2・B6・B12・E)があります。

また、魚嫌いの子供に不足しがちなDHAも配合。

DHAは学習能力や記憶力を高めてくれる栄養素です。

さらに原料は全て安心の国内産を使用。生産工場も国内です。放射能は事前にきちんと検査されています。

また、「合成保存料」「合成着色料」「合成甘味料」もすべて不使用と、安全性にもかなりこだわっているよう。

これなら、我が子に飲ませてもいいかも・・そう思えてきました。

でもやっぱりまだまだ心配…アスミールの会社に問い合わせてみました

それでもやっぱりまだ不安です。

小倉優子ちゃんは就学前の子供に飲ませていると言っても、口コミを見る限りではやっぱり小学生くらいの子の口コミが多いんです。

うちの子2歳と4歳だけど…大丈夫かしら?

不安なものは使いたくないので、思い切って販売会社である一番星さんに直接問い合わせてみました!

一番星

お電話ありがとうございます。一番星でございます^^

アスミールの事でお伺いしたいのですが、アスミールは、何歳から飲ませることが出来るんでしょうか?2歳の子でも飲めますか??

一番星

ハイ、アスミールはですね、食事を大人と同じように取っていただく事が出来るようになりましたらお飲みいただいても大丈夫です^^

離乳食が終わったら、ということですか??

一番星

そうです^^ただ幼児さんの場合はですね、小学生と同じように規定量をお飲みいただかなくても大丈夫かと思いますので、飲みやすい濃度に薄めて気長にのんびり、続けていただくのがよいかと思うんですね^^

通常では100ccの牛乳にスプーンすりきり2杯を溶かして飲んでいただきますがスプーン1杯にして、口当たり良く飲みやすくすることで「嫌いだ」という感覚を持たせずに「おいしいなぁ」と思って続けていただけるのが一番かな、と思います。

お子さまの好みによってはお砂糖や、オリゴ糖などを混ぜて飲ませているというお母さまもいらっしゃるんですよ。

アスミールにはあまり甘みがない、という事ですかね??

一番星

これは感じ方に個人差がありますので、「甘いものが好き・お菓子が好き」というお子様にはちょっと甘みを足してあげた方がおいしく飲めることもありますし、逆に甘いと苦手というお子さまもいらっしゃいますよね。

お子様が美味しく飲める方法で飲ませてあげられたらいいかなって思います。アスミールはお料理でアレンジとかもできますよ。

どうしてもアスミールはジュースのように綺麗に溶けて口当たりがよくなる『乳化剤』などの添加物も身体には良くないという理由で使用していないので、その点が気になるお子様もいらっしゃいます。ただシェーカーをプレゼントしていますので、シェーカーを使っていただければ綺麗に溶かせると思います^^

幼児さんに飲ませるとなるとやはり偏食や栄養不足を気にして、という方がほとんどですので、その点からはじめは薄めにしたり、甘みを足したりして飲みやすい状態からはじめて、気長に・のんびりと日ごろの栄養不足を解消していっていただけたらなと思います。本当に自信の商品ですので、ぜひ焦らず継続してお飲みいただけると嬉しいです^^

2歳で規定量飲ませたからと言って、別に問題があるというわけではないんですよね??

一番星

それはございません。ただ目安として、2歳であれば通常スプーン1杯をオススメしております。3歳~5歳のお子様ですとスプーン2杯で続けていただいた方が良いですね。

逆に大きな高校生くらいのお兄ちゃんの上限はどれくらい飲めるか?と申しますと、15~17歳のお子様ですと最大でスプーンすりきり5杯までは大丈夫なんですよ。

なるほど!ちなみにカフェインとかは入っていたりするんでしょうか?

一番星

カフェインはですね、原料にココアパウダーが入っていますのでココアに含まれるカフェインというのはゼロではないと思うのですけれども・・申し訳ありませんが具体的にどのくらい含まれているかまでは計測が出来ていないんです。

ただそれ以上に植物性のミネラルですとか、カルシウム・鉄・亜鉛・ビタミン類などの栄養素がしっかり入っておりますので、カフェイン以上のメリットにぜひ着目していただけばと思います^^

わかりました!ちなみに半量のスプーン1杯で飲ませていた場合に、月1回お届けだと余っちゃいそうなんですが、やっぱり毎月届いちゃうんですよね?

一番星

いえいえ、ベースは1ヶ月に1袋となっていますが、のんびり飲ませたいな~という場合にはお申し出いただけましたら2ヶ月に1度のお届けにご変更というのも可能でございますよ^^

なるほど~!ではぜひ検討してみます。いろいろ教えてくださってありがとうございました!

一番星

いえいえ!ぜひご検討くださいませ~^^ありがとうございました^^

と、このようになんとも丁寧な対応!アスミールの好感度が一気に上がりました^^

(一番星のスタッフさん、ご対応誠にありがとうございました!)

内容をまとめると、

・アスミールは離乳食が完了していれば飲むことが出来る

・飲む量は2歳以下ならスプーン1杯・3歳~5歳以上ならスプーン2杯・15歳以上の高校生なら最大スプーン5杯までOK

・添加物不使用のためジュースに比べると溶けにくく、口当たりが気になる事も。偏食のお子様には少量から試すのが良さそう。

・ココアパウダーに相当する微量のカフェインは含まれている

・のんびり飲ませたい場合にはお届けペースの調整も可能

ということでした。

うちの子は離乳食は大分前に終わっているし、少量のカフェインもココアそのものに比べれば全然大丈夫。

多分スプーン1杯ずつ飲ませるだろうから、2ヶ月で1袋なくなるとすれば初月は2,050円÷60日で1日当たり34円◎

「これなら続けていけそう!」

という事で、我が家でも実際に試してみることにしました^^

子供の偏食に…アスミールを実食レビュー!

早速公式ページでアスミールをお取り寄せ。

初めてだったので不安もあったけど、シェーカーやレシピ本などオマケが充実していて価格も安いので、思い切って定期コースをチョイスしました。

アスミール到着

注文後2日くらいしたら、クロネコヤマトの宅配便で早速到着。素早く届くので嬉しいですね^^

アスミール開封

中を開けると・・付属品がいっぱい!新しい商品を開封するときって、なんだかワクワクします。

アスミール内容

全部でこれだけの内容が入っていました。

  • アスミール本品
  • シェーカー(定期コースオリジナル特典)
  • アスミールパンフレット
  • おかずレシピBOOK
  • チームアスミール(お客様のお声)その他チラシ5種

待ちきれない!早速作ってみましょう^^

アスミール作ってみました

アスミール本品

まずはアスミールの袋を開封。思ったよりも粉は少なめです。

計量スプーンも少なくて(小さじ半分くらい)1度の使用量が少ないので飲みやすそうですね。

アスミール計量スプーン

このように、ココア色のパウダーが入っています。

しっとりしていて押さえると固まりになる感じ。香りもココアの香りですね^^

このスプーンにすりきり2杯を100ccの牛乳に溶かします。

我が家はまだ子供が小さいので200ccの牛乳に溶かしました。

アスミール牛乳で溶かす

シェーカーに粉を入れて牛乳を注ぎます。

このシェーカー、大き目で口が広くて注ぎやすい!

ジュース?と嗅ぎ付けた息子がそばで見守っています^^

アスミールシェイク

注ぎ終わったら蓋をしてシェイク!撮影のため、夫にシェイクしてもらいました。

息子、「写真なんていいから早く飲みたい!」と待ちきれない様子^^

アスミール完成

シェイクするとこのようなクリーミーなココア風のドリンクになりました。

添加物不使用の為やはり溶けにくいのか、溶けきれなかった粉がプツプツと残っています。

気になるかな?飲んでくれるかな??

子供に出してみましょう。

アスミール飲んでみました

アスミール完成

さて、飲んでくれるでしょうか??

アスミール実食

なんと息子、飲む勢いが止まりません!

「ココア美味しいね♡もっと欲しいな~!」

なんて言いながら、上のお姉ちゃんもたっぷり飲んでくれました^^

粉っぽさは気にならない様子。

子供たち、アスミールを完全にココアだと思っています。

子供に飲ませる前に・・と私たち親も飲んでみましたが、多めの牛乳でしっかりシェイクしてあるので見た目ほど粉っぽさもなく、ほのかに甘みもあって美味しいです。

また、穀物のようなコクがあって飲みごたえもありました。濃厚なミルクココアと言った感じです。

イヤイヤ言われずに飲んでくれるってホントにうれしい!

これなら続けていけそうです♪

アスミール続けています

アスミール屋外写真

 

それからというもの、我が家では毎日朝食時の牛乳にスプーン1杯のアスミールを溶いて飲ませています。

今ではすっかりお気に入りで、苦手だった朝食の時間もアスミールだけは飲んでくれるように。

あとは、その日の気分に合わせて少量ですが、「どれかひとつだけは食べようね」と言って、おにぎりを食べたり、バナナを食べたりしています。

以前は、「たまごも食べなきゃたんぱく質が・・」とか、「ブロッコリーも食べなきゃおにぎりだけじゃ栄養ないのに・・」なんて朝から頑張っていたんです。

でもアスミールを取り入れてからは「何か食べていればとりあえずOK」と割り切れるように。

他の食品は余裕のある昼食や夕食で取り入れればいいし、よくよく考えてみれば朝からガミガミ言いながら食べるご飯って、身体の栄養にはなっても心の栄養にはならないって思うんですよね。

アスミールには、カルシウムや鉄分、各種ビタミンが豊富に含まれています。

ほんとうはご飯でしっかり栄養とって欲しいけど、食べられない今だけはアスミールに助けてもらうつもりです。

たったコップ1杯の工夫で、ママも笑顔で過ごせて子どもも活発になれるなら、こんな素敵なことはないですよね^^

少しでもお得に購入したい!アスミールオススメの購入先は公式サイト

アスミールのお得な購入先

このように我が家ではすっかり定番になったアスミールですが、残念ながらスーパーの店頭では買う事ができません。

通販で主に取り扱われている商品で、楽天市場や公式サイトなどで買う事ができます。

ポイント目当ての方は楽天でもいいけれど、私のオススメは公式サイト

定価販売の楽天に対して、公式サイトでは初回半額になったり送料無料になるなどサービスが盛りだくさんなんです^^

最もオトクに買えるので、無駄に楽天ポイントを消費するよりも公式サイトで直接買った方がオトクですよ^^

アスミールで栄養をしっかり摂ってキラキラの毎日を送ろう!

アスミールで元気いっぱい

2歳~4歳の時期の偏食って、病気やわがままではありません。

「こうしたい!」という自分の気持ちを伝えたい、子どもが親に心を開いてくれている証拠でもあるんです。

それに、自分の好みを受け入れてもらう事で自己肯定感を育てる大切な過程でもあります。

”きちんと栄養を摂って健康な身体に育ってほしい。”

そんな親の願いはもっともです。私だって強く願っています。

でも、そのせいで頭がカチカチになって、子どもに食べることを強要しすぎてしまったら。

食べる時間が苦痛になったり、ご飯の時間が親子のケンカの時間になってしまっては・・悲しいですよね。

ほんのちょっとだけ、アスミールに栄養補給を助けてもらいませんか?

忙しい朝の時間、ちょっとだけサポートがあるだけでも、ママの心はぐっと楽になるのではないでしょうか?

「おにぎりだけだけど・・食べてくれて、ありがとう。美味しかったね♡」

そうやって心も身体もすくすくと幸せに、大きくなっていけたらいいですよね^^

子どもの成長を助ける栄養サポート食品『アスミール』の詳細はこちらから