ほぼ日手帳ユーザーの私が乗り換えた1日1ページ手帳はこれ!

スポンサーリンク

こんにちは、マミです。

みなさん、手帳はどんなものを使っていますか?

私は、感情をコントロールするために、日頃から紙に書くことを意識して行っています。

書くことのススメ。悩みで頭がいっぱいのときに思考をすっきり整理する方法とは?

2015.12.14

たっぷり書き込めるように、少し大きめの手帳を家置きにして使うことが多いです。

こどもが産まれてからは育児日記も兼ねて、ほぼ日手帳カズンを愛用していました。

けれど、ほぼ日手帳ってオリジナルでは小さいし、カズンでは私には大きすぎて毎日書くとなるとさすがに持て余してしまいます。

トモエリバーという独特の紙も書きやすくていいのですが、出来ればもう少し厚みがあった方が本として見返しやすい。

かといって他の1日1ページ手帳では気に入るものがない…。

ああ、2016年の手帳どうしようかな、と思い悩んでいた私が、年末すれすれに出会った運命の手帳をご紹介します!

DISCOVER DAY TO DAY DIARY

私が今年の手帳に選んだのは、DISCOVER DAY TO DAY DIARY(ディスカバー デイトゥデイ ダイアリー)です。

ほぼ日手帳と同じ『1日1ページ手帳』ですが、ほぼ日手帳に比べて中身がとっても使いやすいんです。

ディスカバーダイアリーには普通のレフト式の手帳もありますが、私はこちらの1日1ページ手帳タイプが気に入りました。

A5判とB6判があり、ほぼ日手帳カズンを持て余していた私は迷わず、B6判にしました。

大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいサイズ感です。

ディスカバーダイアリーのいいところ

372415

ディスカバーダイアリーのいいところ、主なポイントは、

  • ほぼ全ページ方眼
  • 年間カレンダーとプロジェクトタイムテーブルで、長期の計画が把握できる
  • 1日1ページ部分に罫線がひかれているので、予定を項目別に書き込める
  • 1日1ページ部分の上部が横バーチカルになっていて、しかも24時間対応!
  • メモページが充実している

以上の5点です。

ほぼ日手帳で『こうだったらいいのになぁ~』と思っていたところがすべて改善されていて、私にとっては夢のような手帳でした。

中身公開!と、私の使い方

中身公開と、簡単に私がどうやって使っているのかご紹介します。

もともとついてくる合皮のカバーも高級感があって、そのままでも十分使えます。

ペンホルダーつきです!意外とついていない手帳が多いので、嬉しいですよね。

こちらがディスカバーダイアリーの特徴である『Project Timetable』です。

手帳の使い方ページでは、『ざっくりプロジェクト管理表』と紹介されています。

長期的なプランを箇条書きで管理できますし、予定がいつから始まってもいいように、期間が書き込み式になっています。

私は現在サイトを2つ作成中ですので、大体いつまでにどのくらい完成させるかの目安を記入して、モチベーションを保っています。

マンスリーページ方眼で使いやすいです。

私は、マンスリーには予定はかかず、家計簿として使用しています。

あまり細かい家計簿は続かないし記入する時間がもったいないので、やめました。

ざっくり収支の金額とコメント、あとは貯金額など総額の把握だけは毎月出来るようにしています。

こちらが1日1ページのページです。

ほぼ日手帳と違うところは、方眼の中に罫線がひかれてあって、ページがちょうど5分割されています。

一番上はバーチカルとして予定や実際の行動を書き込むことが出来ます。

以前情緒不安定を治すためにご紹介したワザも、この部分で実践することが出来ますよ。

私が実践する、情緒不安定を治すための方法

2016.01.01

下はちょうど4つに分かれているので、私は毎日意識したいことを4つにわけて記録することにしました。

  • ブログについて
  • 家族について
  • 読書
  • 自分のこと

4分割すると小さな正方形のマスになっているので、自由度の高すぎるほぼ日手帳よりも隙間なく埋めやすいです。

また、ブログや子どものことはいっつも考えているから書くことがびっしりだけど、自分の事はおろそかになっていて空白ばかり…など、自分の意識の偏りも一目でわかります。

もちろん、書きたいことがたくさんあるなら罫線を無視して全体を使うのもありです!

 

CIMG3471

メモページもとっても充実しています。

罫線・方眼・無地・タスク?の4種類がありますので、たっぷり書けます。

私はここに夢リストや年賀状リストのような、後で見返したいものを書くようにしています。

まとめ

もう年あけてしまったので、みなさんそれぞれの新しい手帳をお使いでしょうね!

私も今年このディスカバーダイアリーを迎えて、わくわくした気持ちでいっぱいなので、1年間工夫して使い込みたいと思います。

また今後もディスカバーダイアリーについて記事にしていきますので、良ければ見に来てくださいね^^

スポンサーリンク

前向きな思考は規則正しい生活から
【光目覚し時計inti】

朝起きれなくて、ついつい夜型になってしまう……。夜更かしが続いているとどうしてもマイナス思考ぎみになってしまいますよね。かといって目覚ましの大きな音で起こされるのは不快なもの。現在は、音ではなく光で起きる目覚ましが注目されています。朝日に近い自然な光で心地良い目覚めを体感してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です