0歳からの遊びにぴったり!学研『ニューブロック』で家族の時間を楽しもう!

スポンサーリンク

こんにちは、マミです。

本日は、我が家で大活躍のおもちゃ 学研『ニューブロック』をご紹介します。

IMG_1292

知育に良いと言われる、ブロック系のおもちゃ。

子供が産まれると、ひとつは欲しいかな?と検討されるのではと思います。

けれどおもちゃ屋さんに行くと、レゴデュプロブロックラボなど、さまざまなブロックの種類があって悩んでしまいますよね。

我が家では、そんな数々のブロックの中から 学研『ニューブロック』を選びました。

学研『ニューブロック』のおすすめポイント

学研『ニューブロック』を使ってみて、おすすめだと思うポイントをご紹介します。

0歳からの遊びに活かせる

学研『ニューブロック』は、【2歳になったら】とケースには書かれています。

商品サイトの説明にも、1.5歳になったら~と書かれていますので、対象年齢は2歳手前~、なのだと思います。

確かに、ブロックを自分の力ではめ込むには、2歳くらいにならないと力が足りず、難しいです。

けれど、0歳のまだ自分でおもちゃを持てない赤ちゃんでも、楽しむ方法があるんです

IMG_1287

これは、我が家の下の子がまだおもちゃで遊べない時に作った『ガラガラ』です。

ブロックで四角形を作って棒を刺し、中に丸いブロックを入れれば、カラカラと音のなるおもちゃが出来上がります。

これで赤ちゃんをあやしてあげれば、色も音も楽しむ事が出来ますよ。

このガラガラは、1歳を過ぎた今でもお気に入り。

今では自分で手に持って、カラカラ♪と振って遊んでくれています^^

IMG_1288

こちらの写真は、長いブロックに車のパーツをつけただけの『コロコロ』です。

これは、自分でおもちゃが持てだす頃に、自分で手に持って転がして楽しんでいました。

今では車に興味が出てきたので、『ブゥーブゥー』と言って車に見立てて遊んでいます。

自分で持たせるにも、柔らかく大きさも手ごろなので安心です。

小さな丸いパーツや細長いパーツもありますので、お母さんの目の届く範囲で持たせてあげてくださいね。

こんな風に、お母さんのアイデアでブロックがいろんなおもちゃに変身します。

0歳児用のおもちゃって、少しの間しか使えないから買うのをためらってしまいますよね。

このブロックがあれば、0歳用の様々なおもちゃを買いすぎる必要がありませんよ^^

怪我の心配が少ない

学研『ニューブロック』は、中が空洞になった柔らかい感触のブロックです。

1歳くらいの歩き始めの赤ちゃんって、急にどすん!と後ろに尻もちつくこと、多いですよね。

もう少し大きくなってからも、家の中ではしゃぎまわったりと、大きな動きをするので怪我が絶えません

そんなときに、転んだ先に固いブロックがあると、思わぬ怪我につながることがあります

その点、学研『ニューブロック』は中が空洞になっていて感触が柔らかいですので、どすんと尻もちついてしまっても、そこまで痛くなくて安心できます。

兄弟、家族で一緒に遊べる

上のように、0歳からの遊びに活かせますので、早くから兄弟揃って一緒にブロック遊びを楽しめます

我が家では2歳前にブロックを購入したのですが、はじめはブロック同士をうまく組めなかったのに、めきめき上達して今では色んなものを作ってくれます^^

IMG_1286

こちらは娘作のトラック。ちゃんと荷台に物が詰めるんですよ~!

「お買い物してきたよ~!」

そう言いながら中にペットボトルの蓋を入れて、運んで遊んでいました。

IMG_1285

こちらはお団子です。

最近このお団子づくりにはまっていて、おままごとのメニューとしてよく登場します。

大人が作るとどうしても『綺麗に組み合わせよう』と思ってしまうのですが、2歳の発想力は豊かで色んなものを作ってくれるので、面白いです^^

大人もそばで作っていると、ついつい夢中になってしまいます。

私の自信作はこちら

IMG_1290

アンパンマン!

…に見えますでしょうか?

こんな風に、雨の日なんかは、親子3人で黙々とブロックを作り続けています。

集中力がつきますし、手先もどんどん器用になるのがわかるのでとっても良いですよ!

ニューブロックは種類がたくさん!

こちらのニューブロックですが、種類が本当に沢山あって迷ってしまいます!

公式サイトを見ただけでも12種類

それぞれ入っているパーツが違いますので、目移りしてしまいます。

我が家もしばらく悩んだのですが、結局男の子用にトーマスのセットと、女の子用にピンクのセットの2種類を購入しました。

IMG_1292
IMG_1293

でも結局中身はごっちゃになってしまうので、基本のパーツが沢山あるものを選ぶと良いのかな、と思います。

ある程度慣れてきて特殊なパーツが欲しくなったら、単品で取り寄せる事も出来るようです。

なにより、ブロックを購入するときは、ある程度数が揃っていた方がオススメです。

一つのセットだけだとどうしてもパーツが少なくて、作れるものに限りがあります。

それに作ったものを壊してからでないと、次の作品を作ることが出来ません。

子供たちを見ていると、一度作ったらなかなか壊したがらないので、パーツがすぐ足りなくなってケンカになる事も…。

我が家のように複数購入するか、たっぷりセットボリューム500と言ったパーツの多いセットを選ぶと、思う存分遊べると思います^^

matome4

家族で遊べるはじめてのおもちゃとして、学研『ニューブロック』、おすすめです^^

みなさんもぜひおうち遊びに取り入れてみてくださいね~!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です