現代の孤独な子育て。子供もママも笑顔になれる方法あります!

スポンサーリンク

こんにちは、マミです。

みなさん、子育て毎日お疲れ様です。

子供につきっきりだと、毎日することがいっぱいで、本当に大変ですよね。

ママもきちんと息抜き、出来てますか?

これからこどもを産む人は覚悟しよう。子育ては待ったなし!

私は、0歳と2歳の年子の子育てをしている現役ママです。

子育てに年齢も人数も関係ない!

そうは思いますが、出産後から待ったなしで続く子育ての大変さにすっかりまいるばかりです。

上の子はイヤイヤ期真っ盛り&ママ大好きな人見知り。

下の子はハイハイが速くなってなんでも散らかし、ママの後追いで離れる暇なし!

なので常に子供たちが足元にぶら下がっている状態です…。

夜、仕事を終えて帰ってきた夫の顔を見ると、やっとこどもたちから解放される!なんて思ってしまいます。

3c2e1d456915449a98f15cafe0d1fa67_s

みなさんは、子育て息抜きしながら頑張れていますか?

それとも、子供の事は私がやらなきゃ!と子育てに必死になっている最中でしょうか。

私も4人の夫婦と子供との核家族なので、どうしても普段は夫婦で抱え込みがちです。

もちろん、2人の子供たちはとっても可愛いです。

ですが、逆に言えば『可愛くなければきっと今頃子育てなんて投げ出して逃げているのでは?』と思うほどの過酷さです。

上の子が産まれてからのこの2年半は、産前からは想像もつかない慌ただしさ。

もちろん元気いっぱいの子供たちは、子育てに疲れたママの事情なんてわかってはくれません。

今と昔では子育ての環境は全然違う?!

昔は同居の家庭が多かったですし、なによりご近所・地域ぐるみで協力して子育てしていたという話を聞きます。

しかし今は核家族が多く、マンション住まいだと横のつながりなんてほとんどありません。

必然的に、子供を見るのはママとパパのみ、となりがちです。

子供に何かあればすべては親の責任、もっと突き詰めて言えばママの責任です。

外に出ても車ばかりで空地なんてないので、気を緩めて子供から目を離せる隙がありません。

そうして無意識のうちに気を張っている状態が、子供が産まれた日から今日までずっと続いているわけです。

このような待ったなしの子育てがママの神経を消耗させています。

子育ての孤独さを抱え込まないで!頼れるものはなんでも利用しよう。

現代の子育ての孤独さは、ママがひとりで抱え込んでいては解決しません。

つらくなったら、ママがひとりで抱え込まないでどんどん子育てのプロを利用するべきなのです。

私がよく利用しているのはファミリーサポートです。

ひとりめの時は「子供を他人に預けて息抜きだなんて!」と思って利用できませんでした。

けれど、2人目が産まれ、パートに出るようになって病気のときの預かり先として利用するようになりました。

預けるのが不安だったらはじめは一緒にいるときに家に来てもらってもいいと思います。

子供と遊んでもらってる間にちょっと息抜きしたり。

公園に遊びに行くのを手伝ってもらったり。

なにより、普段子供につきっきりで逃げ場がないママたちにとっては、会話ができる相手がいる、いつでも頼れる人がいると思えるだけで心にゆとりができるものです。

子育てで頼れる先リスト

ファミリーサポート以外にも子育てで頼れそうなところを書き出してみました。

•地域の保育所の一時利用
•地区担当の保健師さん
•管轄の福祉事務所の、家庭相談員さん
•民間のベビーシッター
•民間のハウスキーパー
全国シルバー人材センター事業協会さんの育児支援

他にも、森永乳業さんがおこなっているエンゼル110番や、日本保育協会のママさん110番では、電話での子育て相談が可能です。

こういう情報は、出産時にパンフレットをもらっていたりしますが、忙しく子育てしていると見る暇もなく忘れていたりしますよね。

今ここで目にしたのも何かの縁かもしれません。

もう子育ていっぱいいっぱいだな、って思っているママの皆さん。

子育てのプロに相談してみると、新しい道が開けるかもしれないですよ。

私ももっと調べてみて、どんどんまわりに助けてもらいながら子育てしていきたいなと思います。

現役ママの皆さん、一緒に頑張りましょうね!

スポンサーリンク