CATEGORY パニック障害

こちらのカテゴリーでは、パニック障害についての記事をまとめています。

私は、10年以上パニック障害と向き合ってきました。

以前はかなりひどかったですが、ここ数年は寛解期に入り、なんとかうまく付き合えています。

それでもまだ時に症状が顔を出し、通院や投薬は続けている状態です。

そんな私が、今まで克服してきた方法や、パニック障害自体を理解する為の知識。

そして新たに感じたことなどあればこちらに随時追記しています。

そんな私と同じように、今もパニック障害に向き合っているあなたにも役立つ記事がありましたら幸いです。

パニック障害について知ろう

みなさんは、パニック障害という病名を聞いたことがありますか?

現在は、正式にはパニック症と呼ばれているようです。

突然、強烈な不安に襲われて、その発作が続いたり、また発作が起こるのではという恐怖感から外出が出来なくなったり、心身に影響を及ぼすようになる病気です。

IKKOさんやYuiさん、堂本剛さんや長嶋一茂さんなど、芸能人でもパニック障害を経験したと公表している方もいらっしゃり、その病名を耳にしたことがある方は多いと思います。

パニック障害は大人になってからも起こる可能性があります。

けれど、正しい知識を持つことで、予防・改善・克服出来る病気です。

私も長年悩まされ、今でもうまく付き合っていく必要がありますが、それでも普通に生活が送れるようになりました。

少しでも多くの方に正しく理解してもらいたいと思い、まとめましたので、読んでいただけると嬉しいです。

パニック障害おすすめの書籍

今回パニック障害について勉強し直すにあたって、こちらの書籍を参考にさせていただきました。

パニック症(パニック障害)の人の気持ちを考える本 (こころライブラリーイラスト版)

2015年5月と、最近発行された本ですが、内容が非常にわかりやすいです。

マミ
パニック障害は自分でコントロールの出来る病気です。

私も、みなさんも、悲観的にならないで出来る事から始めていきたいですね。

パニック障害

ラジオ体操のメリット4つ。『運動が続かない』そんな方は基本に返って確実に継続できる事からはじめよう!

こんにちは、マミです。 先日、運動がうつ病やパニック障害など、メンタルヘルスの改善に非常に効果があると紹介をしました。 参照:【朗報!】運動でうつ病もパニック障害もPMSも産後うつも克服できるらしい 脳を鍛えるには運動し…