パニック障害は完治するのか?再発におびえないで、前向いて生きていこう。

スポンサーリンク

こんにちは、マミです。

こちらでは、パニック障害についての情報をまとめています。

より詳しく知りたい方は、下の記事にまとめてありますのであわせてご覧ください。

再発は、忘れたころにやってくる?!

うつ病やパニック障害を1度でも患うと、克服したと思っても新たなストレスにさらされた場合に、昔の症状が再発することがあります。

せっかくよくなっていたのに。

またふり出しに戻るんじゃないか。

やっぱり自分はずっとこのままなのかしら。

久々の症状との対面で、ときには病気と闘っていた時以上に心が乱されてしまいます。

パニック障害は、完治することはないのでしょうか?

『完治』ではなく『寛解』

うつ病やパニック障害のような精神疾患は、通常症状が治まった状態の事を『完治』ではなく『寛解』と呼びます。

医学的には寛解(かんかい、英:Remission)という語を用いる場合がある。これは永続的であるか一時的であるかを問わず、病気による症状が好転または、ほぼ消失し、臨床的にコントロールされた状態を指す。すなわち、一般的な意味で完治せずとも、臨床的に「問題ない程度」にまで状態がよくなる、あるいはその状態が続けば寛解したと見なす。

その状態を保つために薬を服用し続けなくてはならないなど、一般的な感覚としては明らかに治癒とは異なる。

(引用:Wikipedia

引用にあるように、生活に支障がないレベルまで病気を自分でコントロール出来ている状態のことを、『寛解』と呼ぶようです。

寛解した状態であれば治療が必要ないというわけではなく、ときには通院し薬を頼りながら、うまく病気と付き合っていくことが必要なのです。

どうしてこんな記事を書くのか

どうして今日こんな記事を書くのかと言うと、久々にパニック障害の発作が再発しました。

昨日は夫もおらず、日曜なのに子どもとつっきっきりでした。

平日は何事もなく楽しくこなせている子育てなのに、昨日は様子が違いました。

週に一度のお休みを夫と過ごすことを、私は精神的にかなり頼りにしていたようです。

久々に心と体がべつべつになるようなぐらぐらした感覚を味わいました。

ふらふらになっていても、こどもたちはおかまいなし。

おなかがすいた・トイレに行きたい・あれとってこれとってわー!!!!

こどもたちの欲求はとまりません。

動かなければ。

でも少しでも動くと、こどもたちが事故にあうような、変な映像がまざまざと浮かんで足がすくみます。

まるで自分のせいでこどもたちが傷つきそうでこわくて、何も出来ないのです。

夫に電話もつながりません。

パニックが起こりそうな衝動を耐えるために、こどもたちにテレビを見せて、うずくまってじっとしているのがやっとでした。

克服したなんて書いているけれど

サイトの説明には、うつ病・パニック障害を克服!なんてえらそうな事を書いているけれど、間違っていました。

私は症状が寛解しているに過ぎないのだという事実を、昨日改めて思い知らされました。

私は家族をおなじような病気にしたくありません。

もっともっと勉強して、母として妻として強くなりたい。

そう強く感じた1日でした。

無理に完治を目指さずうまく付き合っていこう

パニック障害は、治る病気です。

でも、そこに至るまでは、長い長い道のりが必要であり、私のように発作が再発してしまう方もいる事でしょう。

でもパニック障害が再発しても、落ち込む必要はないと思っています。

完全に治す、事が大切なのではなく、病気を寛解させて、少しでも生活の質を高めていくことが必要なのではないでしょうか。

発作の感覚はあいてきます。

結婚して家族ももてます。

しあわせもたくさん感じる事が出来ます。

自分が心がけていれば、パニック障害の負の連鎖は必ず断ち切れる、と信じています。

世の中には良い先生も大勢いらっしゃいますし、良い書籍も沢山あります。

家族を守るために、そして自分が納得出来る生き方をするために、これからも私は前を向いて進んでいきます。

支えてくれる家族へ、不安にさせてごめんなさい。そばにいてくれてありがとう。

スポンサーリンク

5 件のコメント

  • マミさん、はじめまして(*^^*)

    私も21の時にパニックを発症し、うつ症状も経験し、20代は治療に費やしました。
    34で遅ればせながら結婚し、36歳と37歳で出産しました。
    現在、2歳9ヶ月と1歳になったばかりの男の子二人を育てています。

    ずっといっぱいいっぱいで、自分のキャパ越えてるよなぁと思いながらも育児してきましたが、
    その都度なんとか乗り越えて今まできました。

    でも先月半ばから急に心身ともに絶不調に陥り、特にパニックや鬱かも?と思うような症状が出てきて、怖くて怖くて。

    ハーブティーやアロマオイル、セントジョーンズワートのサプリを試したり、育児本や育児サイトを見たり、長男への接し方をあれこれ工夫したり、義実家に預けたりして、なんとか過ごしてます。

    マミさんとは境遇が似ていて、とても親近感がわき、このサイトをみつけたことだけでも勇気になりました。

    今は精神科や心療内科を受診すべきか迷っています(>_<)

    でも

    • ともちんさん、コメントありがとうございます。

      ともちんさんもパニックのご経験があって、子育て中なのですね。
      我が家は2歳10ヶ月と1歳2ヶ月なので、本当に同じくらい!嬉しいです。

      私こそ、そんな同じ境遇で頑張っていらっしゃる方からコメントをいただけてとっても励まされました。

      子育てをしていると、特にまだ1~2歳だと親の事情をわかってはもらえないので、どうしても「自分がしっかりしなきゃ」って無理してしまいがちですよね。
      そうして夜寝顔を見て、「うまくやれなくてごめんね」って思ったり。

      子供達がもう少し大きくなるともう少し楽になるという話も聞くので、お互いあとひとふんばり、精一杯子育て頑張りたいですよね。

      ともちんさんは、いま少し辛い時期なのですね。

      病院の受診を悩まれているとの事ですが、私はいま心療内科にかかっています。
      薬を再開することに抵抗がなかったわけではないけれど、無理に我慢をして悪化させて家族に迷惑をかけるのが怖かったので、思い切って受診しました。
      もし時間がとれるようなら、以前のかかりつけの病院があれば相談してみるのもオススメですよ。
      話を聞いてもらうだけでも、楽になれるかもしれません。
      私は、先生の「いま一番つらい時期だね」ってその一言だけでも、救われた気がしました。

      それでも、ハーブティーやアロマやサプリなど、沢山ご自分で対処されていて尊敬します。
      私もなんとか対処しながら、一日一日乗り切っています。ダメな日もありますが…。

      PMSがひどいので、ここ数日は本も読めずブログもお休み状態です。

      このサイトを見て勇気になったと言っていただけたこと、本当に本当にうれしいです。
      体調に左右されますがマイペースに更新を続けていますので、またぜひ読みに来てくださいね。
      そうしてお互い、パニックに負けずに子育て楽しみましょうね。

      ともちんさん、ありがとうございました。

      • マミさん、お返事ありがとうございます☆とても嬉しかったです(*^^*)

        私は30歳頃には断薬し、通院もしてなくて、いわゆる寛解状態で来ていました。
        結婚や妊娠などで緊張する場面ではたまーに頓服薬を飲むこともありましたが、ほぼ普通の生活をしてきました。

        二人目妊娠中から喘息のような咳が治まらず、そのせいで臨月に肋骨を骨折して、心身ともに追い詰められてしまい、転院して抗不安薬を出してもらい帝王切開で出産というドタバタがありました。

        それ以降は次男の世話よりも、長男がイヤイヤ期に突入したことで育児に行き詰まり、何度か精神的にきつくなりながらもなんとかかんとかやってきました。

        でも先月半ばから今までより強い不安感や鬱々した気持ちに苛まれるようになりました(>___<)
        今の私の状況はこんな感じです。

        抗うつ薬や抗不安薬を再開することには、そこまで抵抗ありません。何より気持ち穏やかに過ごしたい、それだけです。

  • マミさん、なんだか途中の文章が抜けてしまっていたので追記しますね。

    先月の絶不調の数日後に産後初の生理が来ました。なので、PMSの症状だったのかとも思い、ホルモンバランスに働きかけるハーブティーや育児ストレス対策のアロマやセントジョーンズワートを試していました。

    そして、昨日2回目の生理が周期通りに来ました。やはり数日前からイライラや不安感が強くなっていて、昨日は息子のイヤイヤにカーッとなり、「もう無理!」となってしまい、義実家に二人を預けることになったのです。

    PMSが産後ひどくなることは多いみたいですが、私の場合はやはりパニック&鬱も再発しかけてる気がします(>_<)

    この1ヶ月は食欲もあまりなく、元々華奢な私は40kgをきってしまいました(T_T)

    やはり受診すべきですよね(-_-;)

    • 臨月に骨折!大変だったのですね!
      それを乗り越えられたともちんさんはすごいと思います。
      きっと積み重なった疲れが今出ているのかもしれないですね。
      パニック障害を患っている女性は、PMSもひどい傾向にあるそうです。
      PMSがひどいと、またその時期が近づくとさらに予期不安に煽られたりもしますよね…
      ともちんさんはご自分でたくさん対処をされているから、やはりそれでも辛かったらお子さんのことは義実家に頼って病院に行かれるのもひとつだと思いますよ。
      私もこれからも思った事や実践したことなど書いていきますので、それが少しでもともちんさんの励みになれたら嬉しいです(*^^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です