漬物だって発酵食品だ!美味しく食べて腸からメンタルを整えよう。

スポンサーリンク

こんにちは、マミです。

発酵食品をとる事で、腸内環境を整えると自律神経が整うんですよ。

そんな発酵食品の中でも今回は、日本人に昔から愛される、漬物の力に注目したいと思います。

みなさんは、漬物は好きですか?

やっぱり日本人ですから、ご飯のおともにちょっと漬物が添えられていると、嬉しいですよね!

甘めだったり、しょっぱかったり、家庭によって好まれる味が違うのもとっても面白いです。

実は、この漬物は、栄養の宝庫なんです。

美味しくて体にも良い、漬物のパワーの秘密を探ってみましょう。

発酵食品は身体によい

96906088057b592876f5860827238d82_s

しっかり漬け込んだ漬物は、生の野菜がぬかの力で発酵をしています。

この発酵によって、水分が抜けて旨味がぎゅっと濃縮されるのです。

しかし、旨味が増すだけではありません。

注目したいのは、発酵によって生じる乳酸菌です。

乳酸菌はヨーグルトやヤクルトで有名ですが、漬物の中にも沢山含まれています。

乳酸菌が漬物とともに大腸まで届き、そこで私たちの健康の為に大活躍してくれます。

乳酸菌のチカラ

よく、乳酸菌が身体にいいと言いますが、具体的にはどんな働きをしてくれるか知っていますか?

私たちの身体は、目に見えないウイルスや細菌などにたえず囲まれ、体内に侵入される危険にさらされています。

そして、こういった異物が身体に入り込みやすいのが、小腸や大腸などのの部分です。

腸は栄養を吸収してくれますが、同時に最も外敵の危険にさらされやすい場所でもあります。

そこで活躍するのが、乳酸菌です。

乳酸菌は、体内にある免疫細胞やそのシステムを活性化させて、これらの外敵の侵入を防ぐ手助けをしてくれます。

さらに、乳酸菌の構造には、発がん物質を吸着する性質もあるそうです。

また、乳酸菌は腸の中で乳酸を作り、腸内の酸性度を上げたり、抗生物質のような成分を分泌します。

それによって悪玉菌が住みにくい環境を作り、善玉菌の働きを助けてくれます。

乱れた食生活やストレス、加齢などによって善玉菌の力が衰え、悪玉菌の力は強くなりやすいそうです。

そのため、加齢に従って乳酸菌を積極的に摂取することが、腸内環境を守る上でとても重要になってきます

漬物は、準備しておけば食事のたびに毎回食べる事が出来ます。

そうして継続的に乳酸菌を摂取することが、腸内環境を整える事につながるのです。

腸内環境を整えると、自律神経が整う?!

腸と自律神経は、とても深い関係があります。

特に、身体を休めるときに働く副交感神経とつながっています。

自律神経のバランスを整えて身体と心をリラックスさせたいときには、まず腸内環境を整える事が大切なのです。

食物繊維も見逃せない

190188

さらに、漬物の健康効果としてもうひとつ、食物繊維の効能が挙げられます。

食物繊維には腸内を掃除する役割がありますので、便通を促し、腸内を綺麗に保ってくれます。

生野菜を漬物にすることで、その塩分により野菜の水分が脱水され、かさが減りますね。

けれど、中に含まれる食物繊維はそのまま残るのです。

そのため同じ量の野菜を食べても、生野菜に比べて漬物だと4倍の食物繊維を摂取できるそうです。

また、食物繊維は乳酸菌と善玉菌が腸の中でうまく働くためには必要不可欠な栄養素です。

乳酸菌と食物繊維のダブルの力で、漬物はまさに腸のお助けアイテムとしてぴったりな食品なんですね!

ただし、食べ過ぎによる塩分の過剰摂取には気をつけましょうね!
matome4
日本人ならみんな大好き、ご飯のおともの漬物。

改めて調べてみると、こんなにも多くの健康効果がありました。

近年では、腸内環境を整える事で、病気や便秘だけでなくアレルギーや、お肌の美しさ、うつ病などのメンタル疾患までもが改善出来ると言われています。

お馴染みのヨーグルトももちろんですが、食事のときにも漬物で発酵食品を摂取しませんか?

美味しく楽しく漬物を食べて、自律神経を整えて、健康な心身を手に入れましょう!

スポンサーリンク

前向きな思考は規則正しい生活から
【光目覚し時計inti】

朝起きれなくて、ついつい夜型になってしまう……。夜更かしが続いているとどうしてもマイナス思考ぎみになってしまいますよね。かといって目覚ましの大きな音で起こされるのは不快なもの。現在は、音ではなく光で起きる目覚ましが注目されています。朝日に近い自然な光で心地良い目覚めを体感してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です