PMSに効くマッサージ&ストレッチ

スポンサーリンク

こんにちは、マミです。

こちらでは、PMSについての情報をまとめています。

PMSについてより詳しく知りたい方は、下の記事にまとめてありますのであわせてご覧ください。

PMSと骨盤の歪みの関係

PMSに骨盤の歪みの影響が強い事は、聞いたことのある方も多いかもしれません。

そもそも、子宮は骨盤に守られる形で中に納まっていますので、骨盤が歪み血流を悪化させることは、すなわち子宮の冷えにつながるのです。

また、骨盤が歪むことによって女性ホルモンの分泌も邪魔されます。

そして、ホルモンバランスが乱れることによってさらにPMSに悩まされる事になります。

骨盤を正しくケアして、PMSのつらい時期を安心して迎えられるようにしましょう。

生理周期にあわせて身体を整えよう

生理痛の強さ、PMSの不快感は、骨盤の歪みや身体のバランスをとることによってもかなり軽減できます。

今回は、以前整体師として勤務していたときにPMSに悩む患者さんへの施術に取り入れていたプログラムをご紹介します。

生理後の体調がいいうちに、骨盤のゆがみをとっておく

つらいPMS・生理の時期が終わり、卵胞期がやってきたら、この時期に骨盤のゆがみをとりましょう。

卵胞期は、心身ともに調子がよく、活動的になれる時期です。

いきつけの整体があれば、卵胞期のうちに骨盤を調整してもらいましょう。

整体に行くのは苦手…という方は、仰向けになって膝を立て、膝を揺らしたり、左右に倒すストレッチをするだけでも違いますよ。

もし準備出来るのであれば、骨盤枕が非常に効果的です。

こちらは、実際に整体の現場でも使用していました。

書籍ではダイエット効果をアピールしていますが、健康管理の面でも、正しく使えば寝るだけでかなりの効果が期待できます。

PMS期には太ももの前面を緩めよう

つらいPMS期に入ったら、太ももの前面にある大腿四頭筋を緩めましょう

自分で揉んでもかまいませんが、かなり大きな筋肉なので、自分の手でほぐすのは慣れていないと難しいと思います。

整体に行ってほぐしてもらうか、仰向けの姿勢で片膝ずつ折り曲げて、ストレッチで緩めましょう。

大きくて力の強い筋肉なので、ここがこわばる事によって骨盤もひっぱり、ゆがみの原因もになります。

なお、この時期に焦って骨盤矯正をすることはオススメしません。

無理せず卵胞期まで待ちましょう。

また、太ももの前面はあとで説明する血海というツボもある部分で、女性にとっては非常に大切な場所になります。

PMS期に太ももの前面にある大腿四頭筋を緩めておくだけで、生理痛の痛みは半分以下になりますよ!

ぜひ、試してみてくださいね。

PMSに効くツボベスト2!

三陰交

IMG_20160111_0001_21

こちらは、足首にあるツボです。

足の内くるぶしから指4本分上にあるツボです。

ちょうど骨と筋肉の境目にあって、ちょっとへこんだような、抑えると痛みのある部分です。

冷えからくるPMSの辛さを緩和してくれます。

気持ちいい程度に指で刺激したり、冷えとりのツボなので市販のお灸を使ってみてもいいですね。

血海

IMG_20160111_0001_2

こちらは、膝のお皿の上部の内側の角から指3本分上にあるツボです。

ちょっとわかりづらいですが、PMSに悩む女性の方なら抑えるとかなり痛いと思います。

上でも書きましたが、太もも全体を緩めることが大切なので、ツボにあたっているかどうかにこだわり過ぎず、

筋肉のライン全体を指でほぐすようなイメージでも大丈夫です。

ここを刺激しておくと、PMSや生理痛といった婦人科系の不調を軽減することができますよ。

まとめ

慣れていないと自分ではなかなか難しいマッサージですが、ストレッチをうまく組み合わせて、自宅でも挑戦してみましょう。

病院と同じように、近くにいきつけの整体院があると、定期的に身体のバランスをとってもらうこともできます。

ぜひ骨盤ケアを日常にうまくとりいれて、PMSの辛さを乗り切って下さいね。

その他PMSについての情報をまとめてありますので、あわせてご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です