『ありがとう』を伝えよう。子育てに悩みを抱えていた私が、少しほっとした話。

スポンサーリンク

こんにちは、マミです。

年子で2人目を出産してから、育児ノイローゼ気味だった私。

今日は、そんな私が娘を見ていて少しほっとした話を書きたいと思います。

兄弟でママの取り合いに

うちの子供達は、2歳女の子と1歳男の子の年子です。

下の子が産まれて娘に兄弟が出来て、我が家はとってもにぎやかになりました。

男の子なだけあって、産まれてからどんどんやんちゃになってくる息子。

それに、下の子と言うのはやっぱり何か感じるものがあるのか、「お姉ちゃんにママをとられまい!」と、ぐいぐいと自分からアピールして、割り込んでくるガッツがあります。

そんな下の子に手をやいて、ついつい構いっぱなしになっていた私。

「2人目が出来たら、上の子を意識して大事にしてあげないといけないよ。」

そうアドバイスをもらってはいたものの、実際に年子育児に突入してみると、ついつい上の子に頼りっぱなしになっていました。

brothers-457237_640

上の子は、女の子という事もあって、なんでも器用にこなすし口も達者です。

そんなお姉ちゃんに、ついついこんな言葉をかけていました。

「弟くんが泣いているから、待って。お姉ちゃん自分で出来るでしょ。」

でも、お姉ちゃんと言ってもまだまだ2歳です。

寂しさを伝えるために、わざといたずらしたり、自分で出来る事でもなんでもママにやってもらおうとします。

それがまた、ちょうど私が困るタイミングや方法を当ててくるんですよね。

2歳とはいえ、子供って本当にママの事をよくわかっているんですね。

もっと構ってあげなくちゃいけないのに、ついつい余裕がなくなって、娘を怒ってしまう事もありました。

子供を対等に見ていなかった

ある日、ふとこんな自分に気づいたんです。

『子供達をしつけるのが母親の仕事』、そう思うあまり、私は子供達を下に見ているんじゃないか、と。

「ちょっと待ってて!」

「それ、自分で出来るでしょ。今手が離せないから、自分でしてくれない?」

そんな風に娘に声かけして、娘はそれに応えてくれることもあるんです。

けれど、そんな娘に対して、こんな風に接している自分がいました。

『自分で出来るのが当たり前でしょ。』

もし自分が友達にそんな風に言われて、しかもそれが当然というような顔をされたら、気分悪いですよね。

自分がされたら嫌な事なのに、親子というだけで甘えてしまっている自分がいました。

ありがとうのチカラ

子供がママのいう事を聞いてくれたとき。

それを『当たり前』と感じるのは、違います。

けれど、『えらいね』とほめるのもまた、違うのです。

子供がママの言う事を聞いてくれた時は、親子であっても素直に感謝の気持ちが大切なのだと気づかされました。

「ありがとう。ママ大変だったけど、お姉ちゃんが自分でやってくれたおかげで助かったわ。」

そんな風に、『ありがとう』と声をかけていると、娘にも変化があったのです。

「お母さん、ありがとうね!」

いつもはママに頼みっぱなしの娘が、同じように『ありがとう』と言うようになりました。

「あれとって!これ食べたい。あれで遊びたい!」

そんな風に永遠に言い続ける娘を「わがままだな」なんて感じる事もありました。

けれど、娘はただ、ママの真似をしていたんだという事に気づかされたのです。

ママも子供も、お互いがお互いを尊重しあえる。

そんな関係を目指すといいのかな、なんて、ふと感じた瞬間でした。

matome4 mother-1039765_640

子育てって、本当に難しいです。

もともと対人関係の苦手な私。

自分に向かって全力で向かってくる子供たちを毎日相手にしていると、まるで人間性を試されているような気持ちになる事もあります。

そんな私が、今回『ありがとう』という言葉には少し助けられました。

ママ3年目の私にとって、子育てに関しては、まだまだ答えが出る事はありません。

けれど、ゆっくり一歩ずつ、目の前の子供と向き合いながら、その日その日を大切に過ごしていこうと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です