和歌山『アドベンチャーワールド』を赤ちゃん連れで楽しむ5つのポイント

こんにちは、マミです。

今回は、和歌山のテーマパーク、アドベンチャーワールドのレポートをします。

IMG_1048

実は今回で、アドベンチャーワールドに行くのは2度目でした。

1度目は結婚前に夫と2人で。オプションは申し込まずに自分たちで見て回りました。

そして今回は1歳と2歳の子供を連れての家族旅行。有料オプションも楽しみました。

遠方からの参加でそれぞれの楽しみ方をして、感じたコツをご紹介したいと思います^^

アドベンチャーワールドは広い!事前にしっかり計画を立てよう

和歌山アドベンチャーワールドは、動物園・水族館・遊園地が一体になった総合テーマパークです。

なので、中がとっても広いんです!

そしてただ広いだけではなくて、ショーやオプションの時間がかなり限られています。

ひとつひとつのオプションにかかる時間も、1時間を越えたりと結構長いです。

その為計画性なく色々申し込んでしまうと、バタバタ時間に追われたままあっという間に夕方になってしまいます。

赤ちゃんを連れていると、予定外のハプニングも沢山ありますし、時間に追われて行動するのは疲れますよね。

アドベンチャーワールドに行ったら何を観たいかを事前に計画して、きちんと回りきれるように簡単な時間割を考えてくるようにしましょう^^

有料オプションは必要?

今回、私たちは朝イチから並び、有料オプションである『ジープサファリ探検ツアー』と、『アシカフィーディング』に参加しました。

『ジープサファリ探検ツアー』は、相乗りタイプのジープに乗って、サファリゾーンを見学するオプションです。

IMG_0964

キリンもこんなに大迫力で見られます。

エサやり体験もできますよ。キリンの口は、ひげでザラザラしていました^^

肉食動物舎も見学出来ます。

ライオンやチーターが住む動物舎の中に入ることが出来ました。

IMG_0993

あ、足が出てる…!

こんなに間近でライオンを見られますから、大人の私たちにとっては本当に貴重な体験になりました。

けれど、子供達は結構怖かったようです。

「お母さん、臭いし怖いし食べられたくない。」

獣の臭いとうなり声にすっかりおびえてしまった娘です。

ライオンが百獣の王と言っても、メスなんて猫と同じような顔よね、と思っていた私。

けれど、この日その意味を心底理解しました。

こんな大迫力のライオンたちにも、エサやり体験が出来ましたよ!

こんな風に、途中で草食動物と触れ合ったり、肉食動物舎の中に入れたりします。

所要時間は70分です。

『アシカフィーディング』は、アシカに餌をやったり、握手したりハグしたりと存分にアシカと仲良くなれるオプションです。

これも順番を待ったりしていると、30分はかかります。

10時に開場してこれらを回るともうお昼は過ぎています。

子供がいると、お昼抜きでというわけにはいきません。

IMG_1045

こんな可愛いランチを食べて腹ごしらえです^^

そして、午後からアドベンチャーワールド一番の見どころである2大ショー『アニマルアクション』『マリンライブ』を観覧すると、すでに時間は15時半。

結局今回は全てのゾーンを回りきることが出来ず、子供達にも無理をさせてしまって、ちょっと反省の残る1日となりました。

楽しかったのですが、赤ちゃん連れで行かれる方は、有料オプションは無理に申し込まなくてもいいのかな?と思います。

赤ちゃんにはまだ刺激が強いですし、そしてどうしても相乗りで乗り物に乗る為、子供が騒ぐと気を使います。

本来ならのびのびワーキャー言いながら見せてあげたいのに、感動の真っただ中な子供達に「迷惑になるからじっとしなさい」と言わなければなりません。

それなら『カートサファリ』の利用や、歩いて草食動物ゾーンを回る方が、時間にも縛られずのんびり子供たちのペースに合わせて楽しめると思います^^

事前にネット予約が必要なオプションもあります!

こちら、私は見落としていたのですが、オプションの中には、事前にネットで申し込みが必要なものがあります。

例えば、希少動物繁殖センター『パンダラブ』のバックヤードに入れるオプション『パンダラブツアー』

これは、事前WEB予約のみの受付で、当日申し込みは出来ません

あぁ、パンダに笹あげたかった…(´;ω;`)

当日申し込み不可の要注意オプションは、以下の3つです。

  • パンダラブツアー
  • ド?ル?フ?ィ?ン?フ?レ?ン?ド?S?h?i?p?ク?リ?ア?カ?ヤ?ッ?ク(冬季は休止)
  • ド?ル?フ?ィ?ン?フ?レ?ン?ド?S?h?i?p?カ?ヌ?ー(冬季は休止)

パンダやイルカと触れ合いたい方は、予約を忘れないようにしましょうね!

2大ショーは絶対見よう!

和歌山アドベンチャーワールドの見どころである、ショーライブ。

『アニマルアクション』は、アシカをはじめ数多くの動物たちが、愛らしいショーを見せてくれます。

アシカやペンギンはもちろん、わんちゃんやイノシシやアヒルや鳥さんや…!

「えっ、こんな動物にも芸が出来るの?!」

そんなさまざまな動物たちの頑張る姿を見る事が出来ます^^

『マリンライブ』は、イルカとクジラのショーです。

和歌山アドベンチャーワールドにはとっても沢山のイルカたちがいます。

最後には10頭近いイルカが一斉にジャンプする大技も見られて本当に感動しますよ!

IMG_1096

ショーライブには、1歳の息子も目を丸くして釘付けになっていました。

動物たちがこんなに華やかな動きをするなんて、産まれて間もない息子には衝撃だったようです。

赤ちゃん連れで行かれる方は、ぜひショーライブを見せてあげてくださいね!

見たことないような真剣な可愛い顔が見られると思います^^

オプションを予約するときは、ぜひこの2つのショーの時間帯を考慮して予約するようにしましょう。

パンダはみんなの人気者!混雑する前に観ておこう

そしてそして、和歌山アドベンチャーワールドと言えば、やっぱりパンダです。

IMG_0958

2014年12月に産まれ、現在1歳になる双子のパンダ『桜浜(おうひん)』『桃浜(とうひん)』の愛らしい姿が見られますよ!

笹を食べられるようになったものの、まだミルクも飲むそうです。

うちの息子も1歳なのでちょうど同じくらいの成長で、なんだか嬉しくなってしまいました^^

2頭でじゃれあって遊んでいる姿は観ていてとっても癒されます。

希少動物繁殖センター『パンダラブ』で暮らしているパンダと、『ブリーディングセンター』で暮らしているパンダがいます。

どちらも結構混み合いますので、午前中早いうちに会いに行っておきましょう^^

人ごみに巻き込まれると時間もかかりますし、子供達のご機嫌も悪くなってしまいます。

まとめ

2回目のアドベンチャーワールド。

今回は本当に無計画なまま行ってしまったので、バタバタとあっという間に1日が過ぎてしまいました。

『赤ちゃんや小さな子供がいると、自分たちの都合だけでは動けない』これを痛感した1日でもありました。

けれど回りきれなかったからこそ、また行きたいな!という気持ちも強くあります。

今度行けるときにはしっかり計画を立てて、今回見れなかった場所もしっかり楽しみたいと思います^^

みなさんも、ぜひ事前にアドベンチャーワールドの公式ホームページを見て、どんな風に見て回ろうか計画してみてくださいね。

他にも和歌山観光記事あります

和歌山の観光情報をお探しの方はこちら!

子供連れの家族旅行におすすめの情報を記事にしています。あわせてご覧くださいね^^

こちらの記事もオススメです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です