ヘアケア

ビューティーラボのホイップヘアカラー使った感想。黒髪も染まる?色落ちは?

ビューティーラボ

「美容院へ行きたいけどお金も時間もないし、市販のセルフカラーで手軽に綺麗に染めたいー!」

ドラッグストアに並んだ色とりどりの箱を見ていて、数年ぶりに自宅でセルフヘアカラーをしてみたい気持ちがうずうず。

というわけで、今回ビューティーラボのホイップヘアカラーを使ってカラーしてみました

「セルフヘアカラーをしてみたいけど、どんな感じなの?」という方の為に、写真たっぷりにレビューしてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ビューティーラボのホイップヘアカラー

今回購入したセルフカラー剤は、こちらです。

ビューティーラボ

ビューティーラボのホイップヘアカラー、色はさくらピンクです。

私、昔からビューティーラボが大好きだったんです。

他のメーカーのものに比べて、色のラインナップもちょうどいいし、付属のトリートメントがいいのか仕上がりもツヤツヤになった覚えがあって。

それに昔から思っていましたが、ビューティーラボのカラーのネーミングって可愛いですよね。

ちなみに公式Facebookによると、カラーの人気ランキングは、

1・ミスティアッシュ

2・ビターショコラ

3・スイートブラウン

なのだそうです。アッシュ系が人気なんですね!

私は今のゴールドから気分を変えたかったので、名前も春らしいさくらピンクを選びました。

ビューティーラボ

パッケージもとっても可愛いです。

マミ
マミ
種類も沢山あって、わくわくした気持ちになれますよね!

イメージガールは新川優愛ちゃん

現在のホイップヘアカラーのイメージガールは、モデルの新川優愛ちゃんです。

セブンティーンやnon-noのモデルを務めているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

マミ
マミ
新川優愛ちゃんのような、さらっさらな髪になりたいですよね^^

ホイップヘアカラーの手順を全公開!

それでは早速、ホイップヘアカラーで染めてみましょう。

ビューティーラボ

外箱を開けると、中にカラー剤セットが入っています。

このケースもジュエルカットみたいになっていて、とっても可愛いです。

もう、細かいところまで全部可愛くて気分がウキウキしてきます。

ビューティーラボ

見た目はコンパクトなこのケースの中に、

・カラー剤(1剤)

・カラー剤(2剤)

・説明書

・染毛用手袋

・アフターカラー美容液

の5点が入っています。

肌の弱い方は必ずパッチテストしてからにしましょうね。

ビューティーラボ

説明書はこちら。

大まかな流れとしては、

1・手袋をはめて準備

2・ホイップをつくる

3・乾いた髪に、ホイップをたっぷりのせる

4・30分ほど放置

5・しっかり洗い流す

6・アフターカラー美容液をつける

7・髪を乾かす

の順番でやっていきます。

手袋をはめて準備

ビューティーラボ

セットに入っている小さな箱の中に、薄手のビニール手袋が入っています。

それをはめて、手にカラー剤がつかないようにしましょう。

その他生え際にニベアのようなクリームを塗って保護したり、衣服も汚れても構わないものにしたりと準備をします。

マミ
マミ
このビニール手袋、昔に比べてはめやすく外しやすくて、放置時間のときにもすっと外せて便利でした。こんなところも進化しているんですね 。感動です!

ホイップをつくる

ビューティーラボ

準備が出来たら、ケースの中にカラー剤の1剤と2剤を両方混ぜ合わせて、ホイップの準備をします。

(写真を撮るので手袋外しました)

どちらも全量入れて、蓋をしたら上下にしっかりシェイク!(楽しい♪)

そうすると、ふわっふわのホイップが出来上がります。

ビューティーラボ

蓋を開けたらもうこんなにもっこもこ!

ケースからあふれそうです。

このときしっかりシェイクしないと、泡がゆるくなって髪に塗った時に垂れてきて目に入ったりする危険性があるので、しっかりしっかりシェイクするのがポイントです。

乾いた髪に、ホイップをたっぷりのせる

ホイップが出来たら、10分くらいかけて髪にホイップを塗っていきます。

もうね、これが本当に楽しかったです!

ホイップがふわっふわなので手ですくっても気持ちいいし、髪にのせても気持ちよくてとっても楽しい♪

マミ
マミ
昔はセルフヘアカラーって「面倒だな 」って気持ちが大きかったのですが、今回のホイップヘアカラーは終始楽しみながら作業できました。
ビューティーラボ

さてさて、ホイップを塗っていくと、最後にこんな感じで泡になっていないゆるい液が残ります。

これも髪に塗りたくなるところですが、これを使うと垂れてきて面倒なことになるので、髪に塗るのは泡の部分のみにしてこれは残しましょう。

肩につくくらいの長さなら、泡だけで十分余るくらいの量がありますよ。

ケースの蓋の方にも結構沢山泡がついているので、忘れずに使いましょうね^^

30分ほど放置

泡を全部塗ったらしっかり揉み込んで、頭の上でまとめて30分ほど待ちます。

このときキャップを被ったり、ラップを巻いたりしてはいけないそうです。

その方が良く染まりそうですが、万一汗をかいて液が垂れてきては危険なので、そのままで待ちましょう。

大丈夫、十分染まりますよー!

ビューティーラボ

しばらく放置しているとこんな感じで泡が消えて馴染んできます。

こんな風に、途中で泡が消えてしまっても問題ないそうです。

ビューティーラボ

ちなみにこの放置時間中に片付けもしちゃいましょう。

マミ
マミ
ケースがしっかりしているので、こんな風に燃えないごみをまとめられて、蓋をすればコンパクトに捨てられます。このあたりの便利さもポイント高いです^^

しっかり洗い流す

放置時間が終わったら、シャンプーを2回してしっかり洗い流しましょう。

ちょっと髪がキシキシしますが、頑張ってしっかり洗います。

洗い残しがあると、服や枕などに色移りしてしまうので、注意が必要です。

1回目のシャンプーでは色のついた液が沢山流れますが、2回目をすすぐ頃には色落ちは収まります。

アフターカラー美容液をつける

しっかりタオルドライしたら、付属のアフターカラー美容液をつけましょう。

マミ
マミ
写真を忘れてしまいましたが、とってもいい香りがして使い心地もよかったです♪

髪を乾かす

後は髪を乾かせば、新しい髪色に♪

さくらピンクの場合濡れてると黒髪に近かったのですが、乾いてくると明るくなりました。

ホイップをつくるのも塗るのも楽しく、片付けも楽チンで、あっという間にセルフカラー完了です。

ビューティーラボでこんな風に染まりました♪

セルフヘアカラーの結果はこんな感じです。

髪染める前Before
髪染めた後After

ゴールド系の髪色から、艶のあるピンク系の色に染まりました。

カメラの具合でちょっとわかりにくいですが、いかがでしょう?

ちなみに前回カラーしていた部分はしっかり染まりましたが、根元の黒髪の部分の染まりはちょっと悪かったです。

泡をのせるときには、生え際はとくにしっかりのせた方が良さそうです。この点は次回リベンジします!

ビューティーラボは楽しく染められて片付けも楽チン。セルフヘアカラーもたまにはいいかも

久々にセルフカラーしてみましたが、昔と違って道具もカラー剤も進化していて、楽しみながらあっという間に染める事が出来ました。

これならこれからも子供が寝た後にこっそりと一人で楽しめそうです♪

さすがに美容院のような完璧な仕上がりではありませんが、自分で出来てこの仕上がりなら大満足です。

マミ
マミ
これからも美容院にも助けてもらいながら、ときどきセルフヘアカラー生活、していこうと思います。

追記:1か月後、傷みが目立ってきました

比較的満足して終わったビューティーラボのセルフカラーですが、久々にセルフで染めたため、1か月くらいして毛先がかなり傷んできました。

マミ
マミ
伸ばしたかったんだけどなぁ ・・。

最近は毛先がゴムのように伸びるようになってしまって、手ぐしが通らないので 、結局短く切っちゃいました。

やっぱりセルフカラーは髪が傷みやすいんですね。

というよりも、美容院のカラーが傷みにくい、という方が正解でしょうか。

後日美容師さんと話す機会があって聞いてみたら、実は市販のセルフカラー剤にはメーカーによる違いはほとんどないのだそうです。

美容院でカラーする場合は美容師さんが髪のダメージや明るさの希望を聞いて薬剤を選んでくれますから、自分に合っているから痛みにくい、という事なんですよね。

一方で市販のセルフカラーはみんなが同じ薬剤を使うから、特に傷みやすい毛先なんかはダメージがもろに出やすいみたいです。

美容院でカラーの料金設定が高いのは、それだけの技術が提供されているからこそなんですよね。

セルフカラーで傷まないようにするにはどうすればいいか考えてみた

といっても、やっぱりセルフカラーの安さは魅力です。

マミ
マミ
美容院でカラーとカットとトリートメントしてもらうと、あっという間に1万円以上飛んでいきますから・・なかなか金欠のときには行けません(泣)

「セルフカラーでも極力傷まないようにするにはどうすればいいんだろう?」

そう思って、ちょっとでも美髪を保つ方法を調べてみました。

泡タイプではなくコームタイプを

コーム

とっても便利な泡タイプ。

くしゅくしゅ揉み込めばしっかり染まるし、垂れてこないので待ち時間も楽チンです♪

でも、染まりにくい根元も傷みやすい毛先も全部一緒にくしゅくしゅするのが問題・・。

根元を染めたいと思うあまり、傷みやすい毛先まで長時間薬液にさらされてしまって、結果ゴム状のパサパサ毛先になってしまいます。

こんなときは、昔ながらのコームタイプのセルフカラーが便利です。

なるべく毛先につけないようにまずしっかり根元を染めてから最後に毛先になじませると、傷みを最小限に防ぐことができます。

カラーではなくマニキュアを

マニキュア

毛の内側まで浸透するカラー剤は、やはり髪を傷めてしまいます。

なので、そこまで明るさのレベルを求めないのなら、市販のマニキュアがオススメです。

マニキュアなら表面にコーティングされるだけなので髪を傷めることなく色味を楽しむことができますよ♪

美容師さんが黒髪に赤いマニキュアで艶を出していて素敵でした^^私ももう30代だし、カラーでの明るさよりも艶を求めたほうがいいのかも。

髪に優しいシャンプーで日々の負担を防ぐ

シャンプー

また、カラー剤だけではなく、普段使用している市販の安いシャンプーで毎日髪を傷めている場合もあります。

界面活性剤の強すぎるシャンプーは、カラーの色落ちを進める原因にもなってしまうのだとか。

大事な皮脂まで洗いすぎてしまって、洗髪後に頭皮が乾燥してかゆみが出ることもありますよね。

すすぎ残しがあると首元が肌荒れすることもあります。シャンプーの成分ってきついんですね・・。

毎日のシャンプーを低刺激のものに変えるだけで、ぐっと髪へのダメージを少なく出来るそうです。

マミ
マミ
これは美容院に行くたびに美容師さんから勧められることですよね。でも私はネットで色々比較して決めたいので、美容院で勧められるままにシャンプーを購入したことはまだありません…。

安く押さえたい!けどやっぱり・・綺麗になりたい!

綺麗になりたい

家でいろんなカラーを実験感覚で試せるセルフカラーって、やっぱり楽しいです。

それになにより、お財布にとっても優しい…!

なので出来れば今後も挑戦していきたいのですが、やはり傷ませたくないし、綺麗になりたいからこそのカラーリングなので、今回調べた内容を踏まえてちょっと対策を立てていきたいです。

また別のセルフカラーに挑戦したら、記事追記していきますね。

追記:髪と頭皮に優しい自然派シャンプーに変えてみました

わたしのきまり

追記です。セルフカラーは忙しくビューティーラボ以来まだ挑戦できていないのですが、かわりにシャンプーを自然派のクリームシャンプーに変えてみました。

ネットで評判がよく気になっていたものなのですが、割と使い心地よく艶が出るので気に入っています。

わたしのきまり
クリームシャンプー『わたしのきまり』使った感想。30代の髪&頭皮トラブルは解消出来たのか昔からさらさらストレートが自慢だった私の髪。 それが、30代を迎え出産を終えたあたりから、少しずつ髪と頭皮の悩みが出てくるようになりま...
にほんブログ村 子育てブログへ

コメントを残す