カフェインレス飲料

カフェインレス生活を心がけて5年経つ私が感じた心と身体の変化

コーヒーを差し出す女性

私がカフェインを意識して控えるようになったのは5年ほど前です。

きっかけは、長女の妊娠。(現在は3児の母です)

妊娠をカフェインの悪影響について考えるようになり、実際に控えてみることでそれまで悩んでいた心や身体の不調が楽になるように感じられたのが始まりです。

その後は授乳を終えてからもカフェインをとらないメリットの方が強いと思い、「完全に飲まないわけではないけれど、出来るだけ控える」という緩いスタンスでカフェインレス生活を続けています。

今回は、「私が実際にカフェインを控えてみて身体や心がどう変化したのか」についてお話しますね^^

カフェインレス生活で感じた身体と心の変化

私がカフェインレス生活を心がけるようになって感じた変化は、以下の5つです。

  1. 寝つきがよくなった
  2. 胃痛に悩まされることが少なくなった
  3. イライラ・ピリピリしなくなった
  4. 外出が楽しめるようになった
  5. 頭痛が弱まった

1.寝つきがよくなった

ひとつめはやっぱりこれ、寝つくのに苦労することが少なくなりました。

以前から夜寝る前にパソコンで作業をしたり、読書をすることが習慣だった私。

寝落ちするのを防ぐために、ついついコーヒーに頼ってしまっていました。

けれど、そうすると作業中は目が冴えて集中できるのですが、いざ寝ようと思っても目がギンギンして全然眠れず悩む日も多かったんです。

「身体は疲れてるのに、眠れない」

「頭は眠いのに、目は冴えている」

「まぶたを閉じるのにさえ力がいる」

マミ
マミ
夜眠れなくて悩んだ経験のある方は「あるある!」と共感していただけるかな?と思います。
集中しても全然眠れないときって、ものすごくしんどいですよね…!

また、運よく寝られても眠りが浅くて、朝目覚めてもぜんぜんすっきりしていない日も多かったんです。

だから目覚めにコーヒーで眠気覚ましをする、という悪循環ですね^^;

今では、子どもが寝た後の夜に作業をしたいときにはカフェインレスのコーヒーを利用しています。

コーヒーの香りや風味はしっかり楽しめるので、カフェインが入っていなくても飲み心地に十分満足することが出来ますよ^^

ノンカフェインを利用するようになってからは、無理に目が冴えている状態ではないので眠くなった時の気持ち悪さもなく、眠くなったタイミングで布団に入れば自然にそのまま眠れるようになったので、自然と生活リズムも整いやすくなりました。

ちなみに、カフェインとは関係ないのですが、パソコン使用時はブルーライトをカットする夜間モードを薄めに設定しています。

Windows10の設定⇒システム⇒ディスプレイから設定しておけば、ブルーライトで目が冴えてしまうのを防ぐことが出来るのでオススメですよ^^

2.胃痛に悩まされることが少なくなった

ふたつめに嬉しい効果がこちら。

もともと胃が弱く、カフェインを摂り過ぎたりストレスを感じ過ぎると頻繁に胃痛に悩まされていました。

一度胃が痛くなると薬を飲んでも1ヶ月くらいはあまり食べられない日々が続くので本当に辛くて……。

しかしこちらも、空腹時にカフェインを摂取することがなくなると、自然に回数が減ってきました。

以前は半年に1度は悩んでいたのですが、ここ数年はご飯が食べられないほどになったことはありません。

病院代や薬代がかかる頻度も少なくなったので、お財布にも優しく大きな節約になってくれています^^

3.イライラ・ピリピリしなくなった

カフェインを摂り過ぎると、なんだか神経が高ぶってイライラしがちだった私。

家族がちょっとだらだらしていたりすると気になって、「私はあれもこれもしなきゃいけないのに、横でダラダラしないでよ、もう!」と八つ当たりしてしまうこともしょっちゅうでした…。

確かにやることもいっぱいあるのは確かなのですが、カフェインを摂ることで無駄に興奮状態になり過ぎて、気持ちが休まらず空回ってしんどいときが多かったんです。

「家ではカフェインレス生活」を意識するようになってからは、良い意味で「自分のペースで」行動できるようになってきました。

神経が高ぶる機会が少なくなったので、家事や育児がなかなかはかどらなくても「まあ、出来る範囲でやればいいか」、家族がだらだらしていても「その人のペースがあるから」と思えるような心のゆとりが持てるようになりました^^

4.外出が楽しめるようになった

以前から、カフェインを摂り過ぎるとしんどいなあ、という意識はあった私。

朝も昼もコーヒーを飲んだのに、午後にたまたま行ったカフェで食後のコーヒーがついていると、カフェインの摂り過ぎが気になって「家でも飲んだから止めた方がいいかなぁ…」と遠慮してしまうこともありました。

でも、家で飲むインスタントコーヒーよりカフェのコーヒーの方が美味しいから、本音ではカフェでもコーヒー楽しみたかったりするんですよね。

自宅でカフェインレス生活を送るようになってからは、外出先で美味しいコーヒーに出会った時に、我慢せずにたっぷりと美味しさを楽しめて、ストレスフリーになりました^^

もちろん、外出先でもカフェインレスコーヒーを見つけたら迷わず注文しています♪

マミ
マミ
最近ではカフェインレス飲料の美味しいお店を探すのがすっかり趣味になりました^^

5.頭痛が弱まった

カフェインと頭痛との関係は、飲んだ方が楽という方と飲むと痛くなるという方に分かれると思いますが、私はコーヒーを飲みすぎると頭痛がひどくなるタイプの体質でした。

パソコンを触る機会が多くて肩こりをこじらせると頭痛につながるのですが、「肩こりとカフェインと頭痛」はすごく相性が悪いんじゃないかな?と感じています。

肩こりもカフェインもどちらも血流を鈍らせるので、緊張性の頭痛が起きやすく、目の奥がズーンと重くなるような頭痛がはじまると、もう何もする気が起きなくなってしまいます。

マミ
マミ
カフェインを意識して控えるようになってからは、無理に眠気を覚まして作業をすることも減ったからか、肩こりから頭痛にまでつながる回数と強さが軽減されてきました^^

カフェインレス生活で感じた一番の変化は、余裕が持てたこと!

さまざまな小さな変化がありましたが、やっぱり一番良かったのは、心も身体も以前よりも余裕が持てるようになった点かな?と感じています。

以前はカフェインの力で作業効率は上がっていたものの、どこか追い立てられるようなせかせかとした気持ちになることが多かったんです。

けれど今では自分のペースで、自分の出来る範囲でゆとりをもって1日を過ごすことが出来るようになりました。

これが本来の自分なのかな?とも思いますし、以前よりも効率は落ちるのかもしれませんが、今の体調と過ごし方が私はとても気に入っています。

また、耐性がなくなって少量のカフェインでもばっちり目が覚めるようになってきたので、ここぞ!というときにカフェイン入りのコーヒーを飲むと身体も心もしゃっきりとスイッチを入れられるようになりました^^

1杯程度なら負担も少ないですし、今はカフェインのメリットだけをうまく活かせているように感じています。

今、コーヒー飲みすぎだなあ、と感じている方・カフェインを控えたいなと考えている方は、良いことがたくさんありますので、ぜひ一度試してみてくださいね。

マミ
マミ
きっとあなたにも心と身体に何か良い変化が感じられると思います^^

にほんブログ村 子育てブログへ

コメントを残す