【0歳】赤ちゃんにおすすめの絵本3選

こんにちは、マミです。

みなさん、赤ちゃんへの絵本ってどうやって選んでいますか?

本屋さんへ行くと沢山並んでいるので、どれを買ってあげたらいいのか迷いますよね。

今回は、我が家の赤ちゃんが0歳のときに特に心を掴んでいたおすすめの絵本を3冊ご紹介します。

0歳の赤ちゃんにも好みがあるの?!

我が家は、ありがたいことに私の両親が赤ちゃんのためにと絵本を毎月購読してくれましたので、小さいころから沢山読んであげることが出来ました。

その中でも、読んでいて赤ちゃんの反応がいいものと悪いものがあるんです。

大好きな絵本は、何度も何度も読んでびりびりになって修正の跡がいっぱいだし、かたや興味のない絵本は1度読んだっきりそのまま棚から出てこないことも…。

まだ産まれて間もない0歳の赤ちゃんからこれだけ好き嫌いがはっきりするのだから、面白いですよね。

もちろん、そのとき興味がなくても1歳・2歳と大きくなるにつれ興味をもつ絵本もあります。

今回は、0歳のときに特に赤ちゃんの心を掴んでいたおすすめ絵本をご紹介します。

0歳の赤ちゃんにおすすめなのはこれ!

もこ もこ もこ

 

最初のおすすめ絵本は『もこ もこ もこ』。谷川俊太郎さんと元永定正さんの絵本です。

これは本当に赤ちゃんに大人気で、親がいなくても読みたがって無理にめくったページがびりびりになってつぎはぎ状態になっています。

それでもまだ読んでー!と持ってくる、我が家のトップ君です。

元永さんの絵は単純なようで不思議な色使い、谷川さんの言葉は短くて0歳児にも馴染のある響きばかり。

展開も面白いので、リズムをつけて読んであげるとこどもたちはもう夢中でした。

上の子はそのうち自分で言葉を覚えてきて、ページをめくりながら覚えた言葉をしゃべっているので、まるで自分で字を読んでいるようでそれも親心にぐっときます^^

小児科などに行っても置いてあって赤ちゃんに人気があるようなので、定番の1冊としておすすめです。

わんわん わんわん

 

次のおすすめは、高畠純さんの『わんわん わんわん』

こちらは上の娘が赤ちゃんのときに大好評でした。

たくさんの動物たちが自由な配置で出てきて、それにあわせて鳴き声も自由な配置で書かれています。

一見大人が見るとよくわからないのですが、なぜかこどもには大うけ。

3ヶ月くらい、これしか読まない時期があったくらいです。

動物もゆるい可愛い絵で癒されます。

この本もびりびりのつぎはぎになり、我が家の殿堂入りしています。

バナナです

 

最後のおすすめ絵本は、川端誠さんの『バナナです』

こちらは食いしん坊な下の息子に好評な絵本です。

バナナって、まだ味付けできない0歳の赤ちゃんにとってはものすごく美味しいごちそうですよね。

うちの息子もバナナが大・大・大好きなのです。

上の娘に比べると絵本への興味が薄かったのですが、離乳食が始まって以来、ひとりでこっそりこの絵本を抱きしめるように。

試しに読んであげると、ものすごく喜んで、それ以来読み聞かせに参加してくれるようになりました。

絵本に興味がなさそうな赤ちゃんにはおすすめです、ぜひ試してみてくださいね^^

まとめ

以上、マミ家で0歳の赤ちゃんにおすすめの絵本3選でした。

1歳・2歳と大きくなってくると興味をもつおすすめ絵本も変わってきてますので、また記事にしていきたいと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です