PMS撃退!婦人科のお悩みに効く3つの漢方とは?

こんにちは、マミです。

PMS(月経前症候群)と呼ばれる、女性を悩ませる毎月の心身の不調。

今回は、PMSを緩和する為に使われる漢方についての情報をまとめてみました。

PMSと一言で言っても、身体に不調が表れたり、心に不調が表れたりと、人によって症状はさまざまです。

漢方も、そんな症状によっていくつかの種類があるようですよ。

どんな漢方があるのか、順に見ていきましょう。

PMSについてより詳しく知りたい方は、下の記事にまとめてありますのであわせてご覧ください。

PMSに効く3大漢方はこれ!

PMSの症状に対して、病院で処方される漢方には主に下の3つがあるようです。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

血のめぐりをよくして、身体の余分な水分を排出する働きのある漢方です。

PMSのときは黄体ホルモンが増え、身体に水分を溜め込みやすくなりますね。

この時期、手足や顔のむくみや冷えに悩まされる方は多いのではないでしょうか?

当帰芍薬散は、そんな症状の方にオススメです。

  • むくみ
  • めまい
  • 疲れやすい
  • 体力がない人
  • 貧血
  • 冷え性の人

などに良いそうです。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

身体にエネルギーをめぐらせ、緊張を和らげる効果があります。

  • イライラ
  • 憂鬱感
  • のぼせ
  • 不眠
  • ストレス性の肩こり
  • 下痢・便秘

などに良いそうです。

PMSの時期には、PMDDと言って、イライラや憂鬱感などの心の不調が強く表れる方がいます。

女性の方必見!PMSとパニック障害の関係性。

2016.01.12

私もこのPMDDに悩まされています。

ですので私が通院した時には、この加味逍遥散が処方されました。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

血のめぐりを良くして、全身を温めてくれる漢方です。

月経血を排出しやすくしてくれます。

  • 生理にともなう下腹部痛
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 肩こり

などの改善に良いそうです。

また、こちらは比較的身体の丈夫な人に向いているとの事です。

ひとつめに紹介した当帰芍薬散が体力のない方に向くのに対して、桂枝茯苓丸は体力のある方に使われるようです。

他にもさまざまな漢方と組み合わせて処方されますが、PMSのときに主によく使われるのはこの3つです。

漢方『加味逍遥散』を服用してみての変化

cup-of-water-1031774_640

私が心療内科で産後のPMSについて相談したときに処方されたのは、2つめに紹介した『加味逍遥散』でした。

『加味逍遥散』という漢方を服用してみて、私は産後のPMSがかなり楽になりました。

私のPMSは、頭痛など身体的な症状もありましたが、それよりも自分ではコントロール出来ない極度のイライラが苦痛でした。

当時は授乳中という事もあって、PMSがつらいからと言っても、低用量ピルはもちろん服用できません。

さらに、心療内科で軽い安定剤なども勧められましたが、少量とはいえ産まれたばかりの赤ちゃんに安定剤が移行するのは抵抗がありました。

最終的に加味逍遥散を処方していただいて、続けるうちに少しずつ落ち着いて過ごせるようになったので、生理前の不安感が少なくなりました。

また、副作用の心配がない事、授乳中でも大丈夫な事で、安心して飲めたのも嬉しかったです。

私のPMSの症状にとっては、漢方プラス、アロマやストレッチで体調を整えることが今のところ一番ベストかなと感じています。

生理に負けないで。アロマでPMSを撃退しよう!

2015.12.16

PMSに効くマッサージ&ストレッチ

2016.01.11

漢方を購入するには

漢方の処方は、その人の体力のあるなしや冷えがあるかなど、個人の状態や体調にあわせておこなわれます。

また相性もありますので、自分にあった漢方を見つけるためには、漢方に詳しい漢方医や漢方薬局にかかるのが最も確実な方法です。

私のように、かかりつけの病院がある場合は相談してみてもいいでしょう。

ただしどうしても病院に行く暇がない場合、漢方は第2類医薬品ですので、通販で購入することも可能です。

子育て中で自分の時間が取れない方や、近くに良い病院がない方は試してみてくださいね。

自分にあった治療で、PMSを乗り切ろう!

女性にとってはとっても辛いPMS。

ひと月に1度1週間ほど、とはいっても、1年で考えればおよそ3ヶ月分はPMSの不調と戦っていることになりますよね。

その後の生理痛がひどい人だったら、なんと半年分は痛みやイライラと格闘している事に…!

このPMSの時期をうまく乗り切ることが出来れば、女性の人生は今の2倍は楽しく輝くのではないでしょうか。

PMSと上手に付き合って、明るい毎日を送りたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です